スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラッカ

今日はホテルレビューはお休みして、マラッカのことなど。

R0010702.jpg

マラッカへは、クアラルンプールから長距離バスで2時間。
マレー鉄道を使う場合、KLセントラル駅からタンピン駅まで2時間。
そこからマラッカの中心部までタクシーで1時間弱かかります。
私は行きをマレー鉄道で。帰りをバスにしました。
安くて早いのはバスですが、高速道路の風景は日本とあまり変わらず
(日本の名ばかりODAの仕業?笑)面白くはありません。
時間に余裕のある方はマレー鉄道に乗ってみるのもいいかも。
マレー鉄道のホームページからe-チケットも買えて便利です。

マラッカは、多文化が入り交じっていて、ボロッちくて(褒め言葉)
それがいい感じに絵になっていて、本当に私好みの街並でした!
特にチャイナタウンは毎日のようにうろうろしてたけど、全く飽きなかった。
アンティークショップもたくさんあり、骨董好きにはたまりません!
家具なんかは買っても持って帰れないけど、どのお店も写真撮影OKでした!
ガラクタまみれのお店自体がも~かっこいいのですよ!

R0010572_1.jpg

ただ…私が訪れたタイミングが悪く、マレーシアの連休とモロかぶりだったため、
どこに行っても車・観光バスだらけ!観光客だらけ!(私も観光客なのだが)
しかもチャイナタウンの道はただでさえ狭いのに、片側がパーキングになっていて
パーキングじゃない方はひっきりなしに車とバイクが通る始末。
ホテルのあるタン・チェン・ロック通りには歩道がなく、ものすごく歩きにくい!

せっかくのステキな建物を写真に収めようとしても、
建物の前には街並にそぐわないピカピカの日本車がずら~っと止まっており。
そりゃ、車の所有者からすれば絵になるクラシックカーより
性能の良い日本車を選ぶのは当然なんだけど、せめてパーキングは外に作ってよ!!

マラッカの海はタンカーが行き交っているのできれいではありません。
しかも、海岸をどんどん埋め立ててしまっています。
そこに大きな観覧車なども作られていました。
そういうの、正直必要ないと思うんだけどな~。
経済発展と景観保存って、どこの国でもなかなかうまいこといかないものですね。

週末はナイトマーケットが開催され、お店やレストランも遅くまで開いているのだけど、
街並をじっくりと楽しみたい方は、平日も絡めて訪れるのがよいかと思います。
日本人観光客は日帰りツアーが多いみたいだけど、私は4泊しても足りなかった。
次回は一週間くらいゆっくりと滞在してみたいです。

マラッカの写真をもっと見たいという方は、右下のZorgの小窓からドウゾ。
スポンサーサイト
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。