スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼ドラ

東海テレビの昼ドラ「非婚同盟」を見ている。
「真珠夫人」「牡丹と薔薇」の脚本家・中島丈博先生の新作です。

B級ドラマをツッコミながら鑑賞するというスタイルが一般視聴者にも定着してしまい、
今さら中島ドラマでもないのですが、それでもなんか見逃せない。
「真珠夫人」のヒット以降、同じ枠で、別の脚本家がいくつもの「中島風昼メロ」を
書いていましたが、どれも今ひとつヒットしませんでしたね…。
「自称天然ボケ」の女が、ホントは天然でもなんでもないのバレバレ。みたいな。
(まあ、男はそのレベルの「自称天然」がお好きなようですが、それはまた別の話で)
中島脚本には狙って作られたものにはない、独特の吸引力があるのでしょう。

とはいえ、中島丈博先生のドラマ、ストーリー展開は毎回同じだったりします。

母親同士の因縁により、姉妹のように育った主人公と親友がいて、主人公は愛する人とはなかなか(結婚という意味では)結ばれず、恋のライバルや親友とは本音むき出し、遠慮なしの愛憎劇を繰り広げます。主人公は愛する人の子供を産みますが(なぜかみんな避妊しない)、最後は愛する男ではなく、愛する親友と歩む人生を選ぶのでした…。

特に「牡丹と薔薇」以降、思い切りはしょってしまえば、みんなこんな話です。
また、いくら本物の「天然」中島先生でも「真珠夫人」のヒットで注目されてから、
ちょっと「狙ってやってる感」がし始め、個人的には「真夏の薔薇」の頃ほど
ハマれなくなってしまいました。

それでも私が「非婚同盟」を見てしまう理由。それはたぶん風間トオル。
あの、トレンディ俳優(死語)が、大金持ちで、下品で、すけべえで、
他人への思いやりのかけらもない「ガハハオヤジ」を演じています。
中島脚本で「ガハハオヤジ」は定番キャラなのですが、まさか風間トオルが…。
ステテコ姿のおっさんと、歌謡曲をデュエットするシーンは必見です。
はじけてます。風間トオル。イキイキしてます。

…いろんな意味で、「さすが!」って思っちゃいました。。
加勢大周に足りなかったのは、この思い切りだったのかもしれません。
スポンサーサイト
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。