スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石ノ森萬画館

昨日、私の模型の師匠芳賀一洋先生と、被災地を訪ねてきました。
石巻にある石ノ森萬画館には、芳賀先生が製作した1/15トキワ荘が展示されているのです。

7時過ぎの新幹線で仙台へ。
福島駅を過ぎたあたりから、瓦屋根が落ちた部分をシートで覆い、応急処置をしている家が目立ち始めます。
屋根に、太陽光パネルを設置している家が意外と多かったです。(東京よりも多い印象)
仙台駅に到着する直前、仮設住宅が建設されているのが見えました。

仙台からは、レンタカーで石巻へ。
多少渋滞に巻き込まれましたが、1時間半ほどで到着。

漫画館1

がれきの中にすっくと立つ、UFOのような石ノ森萬画館。

支援物資を持って行くわけでもなく、ボランティアもせず、
わずかばかりの義捐金を持参しただけの被災地訪問でしたので、
「被災地観光」と言われればその通りなのですが、
どうしても一度、自分の目で見ておきたかったのです。

私が萬画館を訪れるのは、7、8年ぶりで、
まさかこんな形で再訪することになるとは思ってもいませんでした。

内部を案内して下さった萬画館のOさん、
本当にありがとうございました。

漫画館2

萬画館の「萬」の字が取れてしまっています。

漫画館5

こちらが芳賀先生のトキワ荘。
内部はまだ電気が通っていないので、懐中電灯で照らしながらの撮影です。

すでにご存じの方も多いと思いますが、
萬画館は、1階部分は津波やがれきの直撃を受けたものの、
展示スペースである2階3階は浸水を免れ、ほぼ無傷の状態です。
トキワ荘は2階に上がってすぐの所にあります。

以下、写真が多いのでたたみます。


漫画館3

津波の直撃を受けた1階。
だいぶ片付いてはいますが、地下に汚泥が入り込んでしまったそうで、
ヘドロの臭いがまだ漂います。

漫画館4

日の丸に描かれた寄せ書き。

010.jpg

先日のイベントの時に描かれたものでしょうか?
有名作家さんのサインもありました。

漫画館7

上半身をなくしたキカイダー。
隣には頭と手首がないロボコンが。

漫画館8

一枚だけ残ったポスター。

漫画館6

3階のカフェスペースに展示されたサイン色紙はすべて無事です。
懐中電灯の灯りのみで撮影したのでピンボケですいません。

漫画館9

バックグラウンドはまだ復旧にかなり時間がかかりそうです。

漫画館10

届いた支援物資。
「何か必要なものはありますか」と尋ねたところ、
「いえ…特に…物は足りているし」とのことだったので、
義捐金を送るのが一番のようです。

義捐金受け付けはコチラ

漫画館13

萬画館入り口。

漫画館11

入り口の外に設置されたベニヤ板には、ファンからの寄せ書きが。

漫画館14

「門脇・南浜町方面の方々へ
中瀬地域で発見した写真類をお預かりしております。
萬画館正面入り口付近にまとめておりますので、どうぞご確認ください」

035.jpg

奇跡的に残った、石ノ森先生の手。
握手できますよ。

次回は周辺の様子など。
スポンサーサイト
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。