スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホテルパークサイド

ホテルマニアのささやかな、誕生月の贅沢。
東京に住んでるのに東京のホテルに泊まるシリーズです。

010_convert_20100426200646.jpg

ホテルパークサイド

上野の不忍池のまん前にあります。
以前からこのホテルの存在は知っていて、外観が古くてのっぺりしてなくて、私好みだけど、
部屋はきっと昔ながらのビジネスホテルなんだろうなあ~…と思っていました。
ところが!!先日放送された「アド街ック天国」によると、
室内が意外とおしゃれにリノベーションされているではありませんか!!
値段も手ごろだし、これは泊まらねば~と、さっそく予約。

スタンダードツインルーム
ホテル予約サイトから予約 一室12800円(ひとり6400円)

008_convert_20100426200715.jpg

北欧風のインテリア…なのかな?
モダンすぎず、木を多用していて、いい感じです。

002_convert_20100426200746.jpg

20平米ちょいなので広くはありませんが、ベッドの手前にソファなどが配置されているためか、
あまり狭苦しくは感じませんでした。
しかし水周りはビジネスホテルって感じのユニットバスです。(ウォシュレット付き)
館内にレストランやバーはありますが、ルームサービスはありません。
(バーはなかなか居心地良かった♪)

部屋によっては、不忍池が一望できます。
我々の部屋は残念ながら裏側で、雑居ビルビューでした…。
桜の季節に不忍池側に泊まったら気持ちよさそうだな~。

また、ここには露天風呂付きの客室もあります。
今回は満室で泊まれませんでしたが、
高級ホテルよりはリーズナブルなのでいつか泊まってみたい。

ひとりでプチ逃避するのにもいいかも~と思ったけど、
シングルルームは出張客向けなのか、ベッドカバーなどが古いまんまでした…。
ここはぜひツインかダブル以上で。

上野って、子供の頃からなじみのある場所なんだけど、何度行っても飽きない。
六本木に国立新美術館が作られ、上野危うし!なんて言われているようですが、
広大な上野公園にぽつりぽつりと重厚な博物館や美術館が点在しているあの雰囲気は、
六本木の高層ビル群にはとても醸しだせないと思います。
それでいて、美術館になんか絶対足を運ばないような人も受け入れてくれる気楽さがよいのだ。

おまけ

012_convert_20100426200431.jpg

屋台ねこ@不忍池
スポンサーサイト
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。