スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taman Bebek その2

プレジデンシャルスイートに感動していると、スタッフが、
1泊$200追加したら、こちらに移ってもよいという。
あと3泊だから、二人で$600…。一人当たり$300…。
払えない額ではない。。相方は移る気満々。
交渉したら$600から$525になった。

そこで、思い切って移ることに!!

0343_0001_convert_20100312130810.jpg

奥も手前も私たち専用のアウトドアリビング!!

ベッドルームは二つ!!

0344_0001_convert_20100312130834.jpg

なんでしょう、この姫っぷりは…。

プールはこの広さ!!そして絶景!
フォーシーズンズサヤンも見降ろしちゃうよ。

0342_0001_convert_20100312130742.jpg


このヴィラ、フォーシーズンズサヤンのGMが暮らしていたことでも知られています。
しかし、あまり宿泊客がいないのか、我々が泊まると決まってからお掃除してました。
ところどころ痛んでいる部分もありましたが我々はそれほど潔癖症ではないのでノープロブレム。

とはいえこの後起こったことは、今でも語り草です…。

0345_0001_convert_20100312130900.jpg

夜が来ました。
ここは町からも大分離れているので聞こえるのは動物と虫の鳴き声のみ。しかも大合唱。
本来の自然の音、というのを私は初めて体感しました。
フォーシーズンズから聴こえるかすかなガムランの音でさらにうっとりです。

…が、夜が更けるにつれ、リビングの明かりに虫が集まってきました。
多少は覚悟していました。山の中ですから。雨季ですから。
いや、しかしこれは多少なんてものではなく、よく見るとそれはほとんどがカゲロウでした。(しかも巨大)
この入れ食い状態にカエルちゃんもやってきます。

0348_0001_convert_20100312133546.jpg

かわいい~。

私はG以外の虫にはわりと寛大な方ですが、そうはいっても数が多すぎ。
とてもリビングにいられる状態ではなく、我々は早々にお姫様ベッドで就寝しました。
そして、次の朝。

昨日大発生していたのはカゲロウです。
カゲロウが一日で死ぬことは有名ですよね。
リビングの床、テーブルの上、ランプシェードの中、カゲロウの死骸がてんこ盛りになっていました…。

もちろんスタッフがすぐに掃除はしてくれましたが。。
これまでいろんなホテルに泊まったけどここまで虫が多いのは初めてでした。
しかし、それはこのヴィラに殺虫剤の類をまいていないということでもあるわけです。
どちらが地球に、そして人間にも優しいのか…。
(私は正直、蚊も蟻もヤモリも嫌。というようなタイプは、バリ島に行かない方がいいと思ってます)

0347_0001_convert_20100312131018.jpg

きれいになったテーブルで朝食をいただく。あいかわらず絶景。味は忘れた。

そしてチェックアウトの時間。
請求書を見ると、エクストラチャージが、$25/一泊となっている…。
あれ。。三泊で$525じゃなかったっけ…。
もちろん、黙って言われた金額だけを払いました。。
バリではぼったくられるという話はよく聞くし、私も被害にあったことがありますが、
バリ人のいい加減さが客側に良いように作用することもあるのね~♪

このプレジデンシャルスイートはホテルとは別の敷地にあり、プライベート感は満点ですが、
セキュリティの面ではちょっと不安がありました。警備員とか(私が泊まった時は)いなかったし。
だいぶ昔の情報なので、あくまで参考程度にしてくださいね。
今は殺虫剤もバリバリにまいているかもしれないし。
スポンサーサイト
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。