スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮詰まる本棚②

「手放したらもう二度と読めなそうな本」というものの中には、
「もともと手に入りづらい本」というのが含まれます。
たとえばこんなの。

「チャレンジランド」

001_convert_20100207121739.jpg

私、小6から中3まで、進研ゼミをやってたんですよ。
はりきって赤ペン先生に採点してもらっていたのは最初の3カ月だけ。
あとはテストも提出せず、試験前にちょっとテキストを開く程度でした。
(みんなそんなもんだよね?)

親に「勉強しないなら進研ゼミやめさせるよ!」と言われつつも続けていたのは、
この「チャレンジランド」を楽しみに読んでいたから。
これは、チャレメ(進研ゼミをやっている生徒をこう呼ぶ)の投稿ネタや企画物の記事を集めた、
勉強用のテキストとは全く独立した別冊付録でした。

ここの名物企画で、「チャレンジまんぐゎ塾」というのがありまして。
チャレメの描いた漫画投稿コーナーなのですが、
それに関わっていた人々が、今考えると結構な豪華メンバー。

大塚英志氏(名前は出ていないがたぶんそう)
竹熊健太郎氏
川崎ぶら氏
白倉由美氏

私はこれで白倉由美さんを知ったんだったなー。
「セーラー服で一晩中」のSCENE15の扉絵はねー、
もともとはこのチャレラン(と略す)に白倉さんが描いてたマンガの扉に加筆したものでねー・・
とか、どうでもいい情報ですね。。すいません。自己満足です。

こういう冊子って、絶対に古書店でも流通しないし、
この時期に中学講座を受講していないと手に入らないものだし、
まさに「手放したら二度と読めなそうな本」ですよねー。
私も、私が辞めた後のチャレンジランドなんか読んだことないし。

「チャレンジまんぐゎ塾」では、本格的な漫画作品の投稿を受け付けていて、
1ページに4ページ分、というサイズですが、入選したマンガが全ページ掲載されてました。
今見てもちょっとマニアックな作品が選ばれていたりして。
(別に誌面に載ったところでデビューの道など開けはしないのだが)
これに載った人で、プロデビューした人とかいないのかしら。

私は漫画を投稿したことはなかったんですが・・

002_convert_20100207121821.jpg

イ・・イラストを載せて頂いたことがあります・・。
中1英語がかわいらしいですね。。
(今でもこのレベルだが)
スポンサーサイト
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。