スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芳賀一洋&澁谷クラフト倶楽部作品展

*10月31日まで、この記事はトップに来るようにしておきます。

ブライスフォトコンテストの記事でも紹介いたしましたが、
10月31日から芳賀一洋&澁谷クラフト倶楽部作品展が始まります。
私も生徒OBとして作品を一点出品いたします。

作品展

私が出すのはもちろんこの1/6キッチンです。
これ一点で気力を使い果たしました…。新作は無理です。。
余裕があったらもう一つくらい椅子を作るつもりです。

我が家では現在このようにキッチンを飾っておりますが、
今回はキッチンが主役なのでブライスちゃんは連れて行かないかも…。
(頭でかいからキッチンが見えなくなってしまいますので;)

私が会場にいない時でも、写真撮影はご自由にどうぞ。
(私の来場日時についてはメールフォームからお問い合わせください)

私の作品はともかく、模型の師匠、芳賀一洋先生の作品は、
ミニチュア好きなら見ておいて損はしません!
有楽町にお立ち寄りの際はぜひ!
他の生徒さんたちの作品も毎回力作ぞろいですよ~。

<芳賀一洋&澁谷クラフト倶楽部第9回作品展>

●場所:東京交通会館(JR有楽町駅前) B1F ゴールドサロン
●会期:2010年10月31日(日)~11月6日(土)
午前11時~午後8時(初日は午後1時より、最終日は午後7時まで)
入場無料
●10月31日の午後6時より会場にてオープニングパーティーがあります。

芳賀一洋公式サイト
スポンサーサイト

1/6椅子 よっつめ。

椅子2

1/6椅子、作りました。
他の椅子とのバランスを考え、前に作ったのよりシンプルに。

椅子

軽い木で作ったから、ブライスにはどうかな~?と心配しましたが、
ちゃんと、座れました。

「昔の学校の椅子」というイメージに合わせ、
昔の子供っぽいお洋服にしたら、なんか貧乏臭く…。

これも、1/6キッチンと一緒に有楽町の作品展で展示します~。

冬支度

家に引きこもってるとブログのネタがない~…と思いましたが、
ここはドールブログもどきでもあるのだからドール写真を載せりゃいいんですよね。
(でもうち、人数も少ないし、ワードローブも少ない…)

ブライス冬

つーわけで、冬支度のブライスちゃん。
久々の、スッキリとした晴れの日だし。

着ているのは大昔に買ったアゾンのダッフルコート。
27㎝用なので大きいけど大目に見てください。
ボンボン付き帽子は、母の手編みです。
ブライスちゃんにぴったりですが、
これはブライス用に作ってもらったものではなく…。
では誰のだったかと言うと…。

以下、長くなるしくだらない話なのでたたみます。

more...

ブライスフォトコンテスト

フォトコン1

2010年ブライスフォトコンテストのファイナリストに残りました!!
初参加なのでとてもうれしいです!

上の写真は送ったものと構図はほぼ同じですがボツカットの中の一枚。

Blythe公式サイトはこちら
投票ページはこちら。29番です。

応援お願いしま~す。



この写真で使用したキッチンは、10月末から以下の場所で展示いたします。

<芳賀一洋&澁谷クラフト倶楽部第9回作品展>

●場所:東京交通会館(JR有楽町駅前) B1F ゴールドサロン
●会期:2010年10月31日(日)~11月6日(土)
午前11時~午後8時(初日は午後1時より、最終日は午後7時まで)
入場無料
●10月31日の午後6時より会場にてオープニングパーティーがあります。

くわしくは芳賀一洋公式サイトにて。

ほんわらPinky 10年12月号

「本当にあった笑える話Pinky」12月号 ぶんか社より発売中です。

「オナベ恋地獄」

アンティルは本気で昔のお友達と会いたがってます!
新宿ベルハムにいたアッコちゃんとコッコちゃん、連絡ください!
編集部経由でもラブピースクラブでもよいそうです!

残酷な子供。

リカ2

久々の新人ちゃん。
復刻2代目リカちゃんです。

1/6キッチン以来の大物を作りたく、それに合わせたドールも欲しくなり…。
ま、単に自分が遊んでいた頃のドールが欲しくなったってのもあるんですが。

アラフォーにとってリカちゃんといえばこの白バラピン&マグネットシューズの2代目よね!

リカ3

しかしこの白バラピンもシューズも、子供だったからあっという間になくしたものだった…。
でももう大人だからなくさないよ!
この、マグネットを仕込んだシューズで自立させるってアイディア、すごくいいですよね。
現行モデルでもやってくれればいいのに。
今なら磁石をもっと薄くすることもできそうだし。

話変わって、当時の思い出話を。
うちにはリカちゃんの他に、もらいものの双子の妹ミキとマキもいたのだけど、
当時のあたしの彼女たちとの遊び方は、

ミキマキの首に親指をかけて、思いっきり、首ちょんぱして飛ばす。という残酷なものでした。

ある日、アパートの外階段でいつものように首ちょんぱして遊んでいたら、
首が勢いよく飛んで行き、隣家とアパートの壁の間に落ちてしまいました。
崖のような土地に建っていたアパートだったので、子供が救出しに行けるような場所ではなく…。
しかしアパートの階段からは、そのお人形の頭が常に見えるのです。

でも、子供だったから、
「ああまだいる」
と毎回確認するものの、
「ごめんねミキ(だかマキ)ちゃん!」
という気持ちにはならなかったのでした。
ごめんね。
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。