スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良ホテル その2

パブリックスペース続き。
いや~写真撮りまくりましたよ~。

奈良6

ダイニングの入り口です。

奈良7

ダイニング。ここで朝食の茶粥をいただきました。

more...

スポンサーサイト

奈良ホテル その1

久々のホテルネタです。

ついに!!念願の奈良ホテルに泊まってきました!!!
↓曇ってますが、梅雨時に傘を一度もささずに散策できただけでも良しとしましょう。

奈良1

本館入り口。渋いですね~。堂々としてますね~。

奈良1-2

しかしどこにでもせんとくんはいるのでした。

さらに。

more...

コールドケース

相撲にもサッカーにも興味がない私のお昼ごはんの友は「ひるおび!」とかではなく、
CSでやってる「コールドケース」の再放送です。アメリカのクライムサスペンスドラマ。
(水曜日はテレ東の「CSI」だったりも)

フジの「絶対零度」が「コールドケース」のパクリとか騒がれているようなので、
「絶対零度」も、見てみました。

女性刑事が主人公で、迷宮入りした事件を再捜査するという設定だけでなく
未解決事件の資料が入った段ボール箱が並ぶシーンとか「まんま」でした。(つかタイトルからして…)
ああでも、「コールドケース」の主人公リリーが多少弱い所もありつつかっこいい刑事であるのに対し、
「絶対零度」の上戸彩ちゃんはおっちょこちょいな新米刑事。と、「日本らしい」アレンジはされていました。。
(みんなこういう女キャラ好きなの?私はイラつくだけなんだが。
上戸彩ちゃんは「金八」の時のFtMが一番良かった。物静かな役をまたやらせてほしい)



こんだけ物語があふれている現在、多少、設定がかぶる、のは、
仕方のないことだと思う。(かぶらない努力は必要だとはいえ)
が、どうせパクるなら、段ボールとかじゃなくて、
「コールドケース」の一番いい所をパクってくれよ!!と思うわけです。

「コールドケース」の物語には、マイノリティや弱者を扱ったものが多い。
「人種差別」「同性愛差別」「ブス差別」等々。
時代が違えば、死なずに済んだかもしれない人々の無念がたびたび描かれます。
そして、現在はどう変わったか?を視聴者に問うのです。

「女は専業主婦が幸せ」と思っていた妻が、仕事の楽しさを知ったことで起こる悲劇。

黒人初のメジャーリーガーになれたかもしれない選手の、許されざる恋。

事件当時ティーンだった女性が、老人になった現在、かつて愛した女性を思って涙するラストシーン。

マイノリティネタじゃなくても、毎回ラストではウルウルしてますよ…刑事ドラマなのに。


ところが、それを抜きにして、「絶対零度」のように謎解きのみに終始すると、
時間の足りない2時間サスペンスになるだけなんです。

アメリカは日本と違い多民族国家だからそういう物語が作りやすい…のではないと思う。
日本にだって、題材になるようなネタたくさんあるのに、フタしてるだけじゃない?
中国人や韓国人がやさしい日本人に温かく受け入れられるようなドラマも、
「理想形」としてはアリなのかもしれませんが、面倒なことから目を背けてるって感じも。
オネエキャラが人気だからって、差別がないフリをするのはどうもねえ。

日本のドラマで「男社会」を憎む女性キャラが出てくることはあっても、
結局は「セクハラオヤジは悪いが、問題は男社会ではない」っていうパターン多いしね…。
ああ~なんかスッキリしない!!そうなの?本当にそうなの?



さんざん絶賛した後でなんですが、「コールドケース」も「CSI」も
容疑者を犯人だと決めつけてきつく取り調べて、後で無関係だと判明しても謝りゃしないのはどうなのか。
お前が正しければ相手に何してもいいのかー!と思う。
「24」も、主人公ジャックの性格がどうしても好きになれず、シーズン1で脱落したのでした…。


…忙しいと、一日中テレビつけてるのでテレビネタが増えます。
写真とかイラストがなくてごめんなさい。。。

ほんわらPinky 10年8月号

「本当にあった笑える話Pinky」8月号 ぶんか社より発売中です。
「オナベ恋地獄」

私はバブルの恩恵を全く受けていない。
おいしい思いをしていた同級生もいたはずであるが、
私は性格的にも外見的にも地味な女子大生だったので。

ムラムラ

昨日の「GIゴロー」。

稲垣吾朗が、視聴者の考えたヨガのポーズを試し、椅子の上でえびぞるポーズを取った。
自然、股間をやや突き出す格好になり、周りを取り囲む女芸人たちはそこに視線を集中。
ダチョウ倶楽部のネタ、「ムッシュムラムラ」をやっている人もいた。

すると南海キャンディーズの山ちゃんが、
「男がムッシュムラムラの対象になる時代が来るなんて思わなかったよ~!」
と。

やだなあ~。
そんなもん、
昔っから「対象」だったに決まってるじゃないですかあ。
うまいこと隠してあげてただけで。

そして、山ちゃんがポーズを取る段になると、女芸人は完全に無視。

なんか、楽しい流れでした。
私も、山ちゃんに性的な興味はそそられませんが、芸人としては好きです。
ゴローちゃんは、女性の間にいても威圧感を全く感じさせないキャラがとても良いです。

「女芸人」が「ブーム」として消費されるのは嫌だなあと思っていたけど、
もうそんな時期はとっくに越えてるよね~。

ミニチュアショー

ミニチュアショー


日曜日、インターナショナルミニチュアショー2010に行ってきました。
私の模型の師匠や、お友達が何人か出店していたので。
写真は戦利品。

基本、1/12スケールなんですが、1/6でも使えそうなやつをちまちま購入。
1/12はプチブライスとかリトルプーリップに使えるんじゃないでしょうか。
左上に写ってるのは極小の蝶番セットです。これを使って棚を作るのだ。
お金あったら欲しいもの、たくさんあったんですけどね~。

ついでに別のフロアで同時開催していたドールワールドも冷やかしました。
創作人形メインでオタク度薄めでしたがかなりの見ごたえあり~。
でも、こっちはミニチュアショーのように気安く買えるお値段ではないのでひたすら目の保養。
パーツっていうより、「作品」なんだから仕方ないですね。。
私もできれば「作品」として成立するものを作って行きたいです。。

ああ。しかし小さいものばかり見ていたら、やたら目が疲れた。。

珍品

バービーbari

バリ島のウブドにある、ベースコレクションというショップで購入した、バービー用のバリの踊り子さん衣装。
バービー付きでも売っていますが、白人バービーなので、それはなんか違う。と、お洋服のみ購入。
ドールは帰国してから、ヤフオクで2体セットで入手しました。
でも、このバービーもアフリカン・アメリカンなんで、顔立ちはちょっと違うんですけどね。
赤い方の背中が少しほつれていたので、「まけて!」と言ったら、
ほつれを直してくれたうえ、まけてくれました。無理言って、ごめん…。

この子たちに合うような背景を作りたいけど、細かい彫刻とかできないしなー。

リブロで

池袋リブロのコミックフロアに行ったら、丸尾末広さんのプチ原画展をやっていました。
乱歩のやつ。

あんなに、緻密で、細い線なのに、

ほとんど、というか全然、

ホワイトの修正が入ってないんですよ!!!


うーん、すごいなー。と、顔を近付けて見入ってしまいました。
結構変なヤツっぽかったかもしれない。

ネームの手書き文字もそのまま展示されていて、
へええ。こういう字をお書きになる方なのか。と、さらに見入る。
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。