スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんわら 10年1月号

「本当にあった笑える話」1月号
「売春島にいってきました。」

このW島、廃墟マニアにもお勧めです。
私も廃墟好きなんだけど、無人の建物に忍び込んだりとかは怖くてできませんでした…。
スポンサーサイト

ひとりでできる

ふとテレビをつけたら教育テレビだった。
子供向けの料理番組らしい。
あーわしらの頃でいうと「ひとりでできるもん!」みたいなやつかー。
と思って見てみた。

…子役が異様に完成度の高い美少女で、
声はアニメボイス。しゃべり方も萌えキャラみたい。
そして、「大好きな彼にお弁当を作ってあげる喜び」を歌っていた。
「アイドル志望の小学生」という設定らしい。
番組タイトルは「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」。

「ひとりでできるもん!」のまいちゃんも、ロリコンに人気はあったらしいけど、
顔も、演技もいまひとつであった。(それがよい。という向きもいるだろうが)

?????????_convert_20091128144538

↑イメージです。似てません。

もちろん狙ってやってるんだろうけどさー
これ以上女の子たちから「子供」時代を奪わないでくださいよ。

つか、大丈夫か。日本。

ほんわらPinky 10年1月号

「本当にあった笑える話Pinky」1月号(もう1月…)ぶんか社より発売中です。
「オナベ恋地獄」

私の左手中指は8.1センチありました。
何もしなくてもアンティルより長い。

似合う服

バーゲンで服を買った。
試着したら私にとても似合ったので。

ちゃんとした服を着なきゃいけない時とかに、
今持ってるあの服と組み合わせたらちょうどいいわ。
などと思っていたのだが。

後日、久しぶりに姫野カオルコさんの「整形美女」を読み返した。
私が考えたコーディネートが、
「みんなに嫌われる服」(男にモテない服)として描写されていた。
笑った。

*なぜ服の具体的な描写をしないのかというと、ブログを読んだ知り合いに「ああこの服か」と思われるのがいやだからです。知りたい方は「整形美女」を読みましょう。おもしろい本ですよん。

スイーツ(笑)

「スイーツ(笑)」ということばが嫌いだ。
「スイーツ」も嫌いだけど、「スイーツカッコワライ」は、もっと嫌いだ。

なぜかっていうとね、
スイーツ女子を「スイーツ(笑)」とかゆって馬鹿にしているオトコって、
なんだかんだいって、スイーツ女子が好きなのではないかと思うから。

焼き肉定食飯大盛りを男の前でぺろりと完食する女より、
オーガニックカフェのランチで「もうお腹いっぱ~い」とか言う女の方がモテるでしょ?

バイブでオナニーする女より、
ananのセックス特集すら「恥ずかしくて買えな~い」とか言う女の方がいいでしょ?
(本当は家にバイブを隠し持っていてもそう言ってくれる女も含む)
あ、今はもうちょっと違って、ananのセックス特集で
「お勉強」してくれるくらいのがいいのかな。




34才女に金を貢いだ被害者の中に、彼女のことを知人に
「音大に通っているお嬢様の援助をしている」とうれしそうに語っていた人がいるという。
「音大の」「お嬢様」。
男って、こんなバカバカしいキーワードにお金出せちゃうんだもの。

でも、この事件の被害者はそうは言っても「足るを知る」人たちだったのかもと思う。
「こいつブスだけど俺だってブサ男だし、俺を好きになってくれるだけでもありがたい」
と考えるような。
(とはいえ結婚が前提なら相手に大金を貢げる、という感覚は理解できないけど)

別にモテ男でもないくせに
「俺はあんなブスには絶対騙されない」
って、どうゆううぬぼれ方だ。

U10G

U10Gという祐天寺の街の魅力を紹介するサイトで、
久住昌之さん原作の「レレの坂道」という漫画を描きました。
泉晴紀さんやQBBさんに混じって、私なんかが絵を担当していいんだろうか…。
とか思いつつ楽しく描かせていただきました。

久住昌之さんの「夢蔵」って本がとてもとても好きで。
(後に「マンガム」として復刊)
いろんな人の夢をイラストにした本なのだけど、
無人島に一冊だけ本を持っていくとしたらこれを選ぶってくらい好き。

ゲーム(と言えるのかわからないが)の「ピーピーボンボン」も好きでした。
も一回やりたい。

ホルモン

iPhotoiPhoto-mailtmp-0.jpg

最近、焼き肉を食べたくなったらここしか行かない。
「ホルモン牛若」。
でもこの写真は移転前のもの。
今はもうこの人世横町自体が取り壊されてしまった。
移転先は池袋北口のへいわ通り。
店は新しく人世横町のような味わいはないが、常連でなくても入りやすい。
実は人世横町時代は、気になりつつも利用したことはなかった。

ここのホルモンは本当においしいです。「脂が甘い」って、こういうことなのね!て感じ。
他においしい焼き肉屋さんを知らない訳ではないのですが、
体重と財布の中身を考えると、そうそう焼き肉ばかりを食べる訳にもいかず、
たまに行く焼き肉屋にはついここを選んでしまう。

そして…ここで密かにオススメなのはカレーうどん。
最初は「なぜ焼き肉屋にカレーうどん?」と思ったのですが
わざわざメニューに載せるくらいなのだから…と注文してみると、絶品!!
カレーうどんで有名なKより全然おいしい!!スープまで完飲!
しこたま焼き肉を食べた後だったので、連れと一人前を半分こしたのですが、
次は絶対一人前食べてやる!

富士山も見えた

文化の日、あまりに天気がよいのでサンシャインに上ってみました。

R0013338.jpg

スカイツリー、かなり出来てるんすね。でかい…。

ついでにLABI1日本総本店(この本店名変だよね?)にも立ち寄る。
レジがすごい行列で、欲しいものがあっても買う気になれません。
エスカレーターが満員で、ワンフェスみたいな事故が起こりそうで怖い。
でも、元がデパートなだけに、ビッカメより全然広くて見やすいです。
ビッカメのエスカレーターはあまりにも使いづらくて…。

図々しいのはどっちよ。

「34歳結婚詐欺女は美人じゃない(らしい)のになぜ男たちはだまされたのか?」

…ってオヤジたちはみんな思っているみたいですが、
そういうお前らこそ

「化粧濃くてロングヘアーで女から見たらちょいダサな適度に体にフィットした女らしい服着てヒールはいてて若いけど全然美人じゃない女」

のことを、「美人」とか形容してたりしませんか?

つーか、この結婚詐欺女のことを、

「男=金」で「全然男の中身を見ない」

とかあんたらに言えんのか。

「女=若さ」で「全然女の中身を見ない」

のは「ごくごく一般的な」男性の方ではないですかー?
彼らは「善良」なんですかねー?

「中身を見ている」という男性もそれが「俺に尽くしてくれるかどうか」
ってだけならそんなん中身でもなんでもないし。
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。