スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のバリこうもり

106_convert_20100327125905.jpg

友人の定宿Raka&Raiで飼われているフルーツバットのクロちゃん。
顔がイヌみたいで超かわいいんだよ!!羽はゴミ袋みたいだが。
指を出すとなめたり噛んだりするけど必ず甘噛み。
スポンサーサイト

今回のバリいぬ

194_convert_20100325131128.jpg

ニュピ前日のスンバヤン(お祈り)に、地元の方々に混じって参加してきました。
その時のひとコマ。

赤い首輪をしている犬は、狂犬病のワクチン接種済なので、近づいても安心です。
(それでも噛まれることはあるでしょうが…)

今回のバリねこ

213_convert_20100324142739.jpg

バリ人のお友達の家で。
まだ生後2カ月だって~~!!かわいすぎるううう。
抱っこもさせてくれた。実家の猫とは大違いだ。

オゴオゴ写真集2010

225 (600x800)

更新止まっている間、バリ島に行ってましたー。
今回のお目当ても去年に続きニュピ。バリヒンズーの新年です。
ニュピ当日は、外出は禁止され、働くことも火を使うこともダメで、国際空港も閉鎖されます。
今年からはテレビ放送もなくなったそうです。(みんなDVD見たりゲームしたりはしているらしい)
観光客もホテルからは出られません。

では、なぜそんな不便な時期に行くのかというと、
ニュピの前日、つまり大晦日は、悪霊を家から追い出すための派手なお祭りがいろいろあるからなのです。

写真はそのひとつ、モンスターを模ったオゴオゴと呼ばれるおみこしのようなもの。
日本のねぶたに似ていますが、専用の職人が作るわけではなく、日本でいう「子供会」「青年団」が作ります。
なんで素人がこんな物作れるんだか…というほど凝った作りをしています。
ひとつの村で、多い所で20体ぐらいのオゴオゴが作られるそうです。
これを集団で担ぎ、真っ暗な中、ガムランをジャンジャン奏でながら村を練り歩く様子は壮観。
モノによってはとても巨大で、電線をよけながら進まなければならないほど。
(写真に写る人間や街灯と比較するとその大きさがわかりやすいかも)

いろいろ写真を撮ってきたのでよろしければどうぞ~。

more...

バリいぬ

バリいぬ2

初めてバリ島に行ったとき、犬が幸せそうだなあと思ったことを覚えている。
みんな放し飼いで。ダラダラしていて。
うちの犬もこんな風に飼ってあげられたらいいのにと。

しかし、何度かバリに通ううち、バリの犬がダラダラしているのは暑い昼間だけで、
夜になると凶暴化することがわかった。夜道を歩いているとわんわん吠えられる。
だからってつないで飼え!とは今でもあんまり思わない。
日本では放し飼いが無理なことも、理解してる。

バリいぬ1

先日、恵比寿ガーデンプレイスの地下道を歩いていたら、
雨の日だからなのか、地下道を犬の散歩道にしている人が多くて驚いた。
おしっこしちゃうんじゃないの…と見ていたら、やっぱりおしっこしちゃってた。
みんな、うちの近所じゃ見ないような高そうな犬。
金持ちはマナーが悪い。と決めつけてみた。
プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。