スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら原発

このままだと、私が生きている間にも、
またどこかで(それが日本か他の国かはわからないが)
原発事故が起こるような気がします。
そうならないために。

【さようなら原発1000万人アクション】署名などはこちらから

話題の署名なのですが、話題になりすぎたため、
検索するとニュースサイトばかりが引っかかります。
ですので直リンク。

スポンサーサイト

南三陸町

だいぶ間があいてしまいましたが、被災地の写真の続きです。
石巻から、さらに南三陸方面へ。

農家の大きなお屋敷が続く、のどかな風景の中車を走らせていると、突然壊れた家や、
積み上げられたガレキが目に飛び込んできます。

南三陸4

地上はこんな有様ですが、
海の水は、とてもきれいでした。

南三陸2

地図を見ると、ダイビングセンターもあったので、
震災前は本当に美しい海辺の町だったのでしょう。
以前の南三陸を見てみたいのですが、どこかに写真等ありませんかね?

南三陸3

おそらくリビングルームだった床。
間取りがすべてわかるほど、建物の上側はすっかりなくなっていました。

続きはたたみます。

more...

石ノ森萬画館周辺

昨日の被災地訪問の続きです。

石巻16

石ノ森萬画館、3階から見た風景。
河口付近はほぼすべて津波にさらわれたことがわかります。

石巻1

がれきはだいぶ片付けられています。

石巻3

打ち上げられた船は、所有者がわからないためそのままです。

続きはたたみます。

more...

石ノ森萬画館

昨日、私の模型の師匠芳賀一洋先生と、被災地を訪ねてきました。
石巻にある石ノ森萬画館には、芳賀先生が製作した1/15トキワ荘が展示されているのです。

7時過ぎの新幹線で仙台へ。
福島駅を過ぎたあたりから、瓦屋根が落ちた部分をシートで覆い、応急処置をしている家が目立ち始めます。
屋根に、太陽光パネルを設置している家が意外と多かったです。(東京よりも多い印象)
仙台駅に到着する直前、仮設住宅が建設されているのが見えました。

仙台からは、レンタカーで石巻へ。
多少渋滞に巻き込まれましたが、1時間半ほどで到着。

漫画館1

がれきの中にすっくと立つ、UFOのような石ノ森萬画館。

支援物資を持って行くわけでもなく、ボランティアもせず、
わずかばかりの義捐金を持参しただけの被災地訪問でしたので、
「被災地観光」と言われればその通りなのですが、
どうしても一度、自分の目で見ておきたかったのです。

私が萬画館を訪れるのは、7、8年ぶりで、
まさかこんな形で再訪することになるとは思ってもいませんでした。

内部を案内して下さった萬画館のOさん、
本当にありがとうございました。

漫画館2

萬画館の「萬」の字が取れてしまっています。

漫画館5

こちらが芳賀先生のトキワ荘。
内部はまだ電気が通っていないので、懐中電灯で照らしながらの撮影です。

すでにご存じの方も多いと思いますが、
萬画館は、1階部分は津波やがれきの直撃を受けたものの、
展示スペースである2階3階は浸水を免れ、ほぼ無傷の状態です。
トキワ荘は2階に上がってすぐの所にあります。

以下、写真が多いのでたたみます。

more...

昔と、これから

「買いだめはやめよう」って、今、いろんな人が言っていますが、
私は、この目でペットボトルを10本買う人を未だに見ていない。
目撃談は聞きますが、それもすべて知人からではなくネットや新聞投稿で読んだだけです。
もともと入荷数が少ない所を、ひとりひとりがいつもより「少し多め」に買っているだけかもしれない。
大家族だったら、普段からペットボトルを5本買うなんてザラでしょう。
私が実際に見たのは、空っぽの棚だけです。
近所のドラッグストアでは、牛乳や卵は、震災前でも売りきれる時は売りきれていました。

しかし、国民の安全より金儲けが大事な人は、実在すると思います。

「買いだめはやめよう」って言うより、声を上げるべき言葉があるような気がしてなりません。
ただ、その声がとても届きにくいこの国の構造がどうしたら変わるのか、考えるだけで憂鬱です…。

「放射能汚染された海水を飲んでも大丈夫」なんて情報ではなく(海水なんて飲まないし)、
水俣病の時や、第五福竜丸の被曝の時に汚染された魚と比べてどれくらい安全なのか、
また、何十年もたってから「やっぱり安全じゃありませんでした」って本当に言わないのか
そっちの方が心配です。
(若い方は知らないかもしれませんが、これはこの国がよく繰り返すパターンです…)

もちろん、「政治家」や「専門家」が、全てを正確に予測できるなんて思っていません。
そんなこと、どんな人間にだって不可能です。
だから、今を取り繕うための無責任な言動だけはやめてほしいのです。


以下は、またしても自分用メモです。

現代史スクープドキュメント ~原発導入のシナリオ~
読売新聞と日本テレビが戦略的に推し進めた原発政策

隠された被曝労働
原発で働く低所得者層の証言を集めたドキュメント

ランチ3

みんなで楽しくご飯を食べられますように…!!

「そ・そんなに食べるのアル子ちゃん…」

プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。