スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taman Bebek その2

プレジデンシャルスイートに感動していると、スタッフが、
1泊$200追加したら、こちらに移ってもよいという。
あと3泊だから、二人で$600…。一人当たり$300…。
払えない額ではない。。相方は移る気満々。
交渉したら$600から$525になった。

そこで、思い切って移ることに!!

0343_0001_convert_20100312130810.jpg

奥も手前も私たち専用のアウトドアリビング!!

ベッドルームは二つ!!

0344_0001_convert_20100312130834.jpg

なんでしょう、この姫っぷりは…。

プールはこの広さ!!そして絶景!
フォーシーズンズサヤンも見降ろしちゃうよ。

0342_0001_convert_20100312130742.jpg


このヴィラ、フォーシーズンズサヤンのGMが暮らしていたことでも知られています。
しかし、あまり宿泊客がいないのか、我々が泊まると決まってからお掃除してました。
ところどころ痛んでいる部分もありましたが我々はそれほど潔癖症ではないのでノープロブレム。

とはいえこの後起こったことは、今でも語り草です…。

more...

スポンサーサイト

Taman Bebek その1

タマンベベックヴィラ
Taman Bebek villas
2004年宿泊。

現在はNovus Taman Bebek Resort&Spaに名称変更されています。
リノベーションもされた様子。

バレービューヴィラを予約。
(現在のバレービューイーストヴィラ)

0338_0001_convert_20100312130437.jpg

しかし、あまり写真がありません。
部屋は気に入ったんだけど、バレービューというから、てっきり部屋から絶景が眺められるかと思ったのに、
眺めはこんなで…。

0341_0001_convert_20100312130701.jpg

なに、手前の廃墟は。
そこでフロントに行き、他の部屋も見せてくれるようお願いしました。

私が気に入ったのはヴィラ・マデ。
一番渓谷寄りに建ち、建物の雰囲気もバリっぽく、アウトドアリビングが気持ちよさそう。

0340_0001_convert_20100312130640.jpg

そこで、こっちに移りたいと申し出ると、予約が入っていて一泊しか無理らしい。
「え~…」とか駄々をこねていると、別の敷地にプレジデンシャルスイートがあるから見てみるかという。
高そうだけど見るだけなら…とスタッフについていく。

すると!!そこには広大なプライベートプールとヴィラ、
そして、ヴィラ・マデどころではない絶景が広がっていたのでした…。その2に続く。

ちなみにタマンベベックのパブリックプールはこんな。

more...

Tugu Bali その2

Tugu Bali パブリックスペースなど。

こちらは私が宿泊したウォルターシュピースパビリオンの玄関。
タイムスリップしたみたいですよね…。

0332_0001_convert_20100306141608.jpg

トゥグにはレストランがありません。
その代わり、ゲストは敷地内のどこでも好きな場所でランチやディナーを楽しむことができるのです。
上の写真のような、古い小屋を移築したものもその場所の一つ。

0333_0001_convert_20100306141632.jpg

プールサイドのベッドですらこれだもの!!
プラスチックの安っぽい家具なんか一つもありません。
奥には海が見えますね。しかし波が荒く、残念ながら泳ぐのは無理です。

私はいろいろなバリ島のホテルに泊まってきましたが、トゥグが一番私好みの宿です。
ただアンティークの家具を置いてあるというだけでなく、オーナーのこだわりが随所に感じられ、
ユニークなんだけれども、統一感があるというか。(でも合わない人には合わないだろうな;)

しかし…リピートは一度もしておりません。。
その理由は、他にも泊まってみたい宿がたくさんあるというのと、
トゥグは、立地がビミョーなのですよ。。
周りにはレストラン一つなく、街に出るにはシャトルバスかタクシーをいちいち使わないとならないんです。
また、最近は一人でバリに行くことが多いのですが、
一人旅で泊まるには安いカテゴリーの部屋でもちょっとお高い。。
おこもり系のカップルには向いている宿だと思います。

でも私は絶対また泊まるつもり!!
お隣のロンボク島にもトゥグのホテルができたらしいのでそっちも気になりますが・・。

以下は、失敗写真なのですがよければ。

more...

Tugu Bali その1

トゥグバリ
Tugu Bali

ウォルターシュピースパビリオン
2002年宿泊。

クロボカンからさらに北上した、チャングーという土地に建つ、海と田んぼに囲まれたスモールホテル。
周りには正直何もありません。

0328_0001_convert_20100306140945.jpg

バリ好きさんなら一度は雑誌などで見たことがあるはずのこのお風呂のあるお部屋。
はい。私もこのハデハデ風呂に入ってみたくてこの部屋を指定したんですよ。
(両サイドのカーテンを閉めたまま撮っちゃったのは正直失敗…)

0330_0001_convert_20100306141458.jpg

リビングもベッドルームも広々~。
アンティークの家具がもろ私好みです!!!
なんでもこのホテル、オーナーが自分のコレクションを見せびらかす展示するために建てたのだとか…。
金持ちはいいのう。

この部屋はプライベートプールも付いてます。

more...

Pringga Juwita

ブログのネタがないので過去に泊まったホテルをぼつぼつ紹介したいと思います。
おもにバリ島。
そして、パッケージツアーなどではなく、個人手配で自分が泊まりたくて泊まった宿を中心に。
(いつまで続くかわかりませんがお付き合いください;)

プリンガジュイタウォーターガーデンコテージ
Pringga Juwita Water Garden Cottage

1999年に宿泊。2度目のバリ。
バリ島専門の旅行代理店に依頼してホテルと航空券を手配していただいたので、
一泊の金額はわかりません。
私が宿泊したデラックスは、公示料金が$70前後だったと思います。

バリ島中部、ウブドのビスマ通りにありました。
過去形です。今はオーナーが変わり、ハネムーンゲストハウスの別館になっています。
現在の様子はこちら
リノベーションされてはいますが、元々あった建物を生かしているようです。
ハネムーンの「hanuman」という部屋が、プリンガ時代のデラックスです。

では当時の写真を。
(スキャンしたものなんで見づらくてすいません)

デラックスはメゾネットタイプです。
ベッドルームは2階にありました。

0323_0001_convert_20100304192239.jpg

窓ガラスはなく、網戸のようなものがはめ込んでありました。
だからこの天蓋は蚊帳なのです・・。
壁も竹を編んだ昔ながらのバリ式でいい感じですね~。

0326_0001_convert_20100304192708.jpg

階段から1階を見た感じ。
リビングルームとバスルームがありました。どちらも半屋外。

なんでこの宿を選んだのかというと、当時発売されたhanakoのバリ島特集で紹介されていたからなんですね。
アマンとかフォーシーズンズに混じってこんな中級ホテルが載っていたんですよ。
今じゃ、女性誌でこんなバリ度満点!な宿を紹介することはないでしょうねえ。
小ぎれいなヴィラもいいですけど私はこっちの方が好きなんです。。

続きを見たい方はどうぞ。

more...

プロフィール

坂井恵理

Author:坂井恵理
坂井恵理  マンガ家

「JOUR」(双葉社)で
「ひだまり保育園おとな組」
連載中。
コミックス第1巻発売中です。

「ヒヤマケンタロウの妊娠」
「妊娠17ヵ月!」
「ビューティフルピープル・パーフェクトワールド」
などなど。


*写真やイラストの転載・コピーは
ひとこと断って下さいまし。

最新記事
カテゴリ
メールはこちらから
ご意見ご感想・お仕事の依頼など

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。